スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

睡眠中の歯軋り

 病的な歯ぎしりや噛みしめの力は、ガムを強く噛んだときの数倍から十数倍にも達します。
病的なレベルの歯ぎしりが続くと、歯がすり減ったり、義歯や冠が壊れたりするだけでなく、咬筋の肥大による容貌の変化や強烈な肩こり、耳の障害、顔面頭部の痛みなどを起こす。
またブラキシズムは、顎関節症、情動ストレス、睡眠障害、特に睡眠時無呼吸症候群なども起こすのです。

特にブラキシズムは眠りを浅くし、レム睡眠を阻害する睡眠障害を起こすことにも注意しなくてはなりません。
また、病的レベルの歯ぎしりの約80%が、睡眠時無呼吸に密接に関連していることが確認。
さらにこの約70%が危険な中枢型の睡眠時無呼吸であることが分かっている。

病的なブラキシズムが及ぼす影響として

歯がすり減り、歯痛が起こる
歯肉が退縮するなど歯周組織が損傷する
義歯や冠が破損するまたは脱離
唇・舌・口腔内の粘膜に歯の跡がつき変形する
歯槽骨の外骨症(膨隆)が発症する
咬筋が肥大し、容貌が変化する
顎がこわばったり、疲労感、不快感がある
強度な肩こりが起こる
顎関節症が起こる
耳鳴りや耳痛が起こる
顔面・頭・頸部に疼痛が起こる
情動ストレスを起こす
睡眠障害を起こし、睡眠時無呼吸を発現しやすくなる
posted by: 医療法人清信会 | リラックス外来・痛み外来 | 23:07 | - | - | - |

顎の痛みで関連痛は「ズキズキ」、神経系は「ピリピリ」

口腔や顔面が痛む病気の代表は、あごを動かす筋肉の痛みや筋肉痛などからくる痛みの関連痛と、神経の損傷や機能異常からくる神経因性疼痛が挙げられる。
関連痛は痛みを起こす病気です。
1)筋性歯痛 あごの筋肉などを使いすぎた場合におきる関連痛。「ズキズキ」「ズーン」という痛みが特徴。
2)神経血管性歯痛 片頭痛や群発頭痛などからくる関連痛。血管の収縮や拡張からくるため「ズキンズキン」とした痛みが特徴。
3)内臓性歯痛 心臓や胃の病気からくる関連痛。一方、神経因性疼痛は神経系の損傷や機能異常がきっかけとなって起こる痛みで、「ピリピリ」した電激痛が特徴。
4)幻歯痛 「ジーン」とした痛みが1日中持続する。
5)三叉神経ニュロパシー 夜間に「ズキンズキン」、接触時に「ピリピリ」した痛みが特徴。
6)帯状疱疹後神経痛 電撃痛や灼熱痛
7)抜歯後感染症 
posted by: 医療法人清信会 | リラックス外来・痛み外来 | 14:29 | - | - | - |

名探偵モンク「歯医者さんは大嫌い」


先日、NHKBS2で放送されました(第15話「歯医者さんは大嫌い」mr.MONK Goes to the Dentist)について、お話します。主なあらすじは、虫歯になった親知らずを抜くため、歯医者を訪れた刑事ディッシャー。診察室で麻酔をかけられたところへ、男が「俺のCDを返せ」と乱入してくる。薄れゆく意識の中でディッシャーは、歯科医ブルームと歯科衛生士テリーがその男を殺害する様子を目撃する・・・。ディッシャーは歯医者での殺人事件を上司のストットルマイヤーに報告するものの、麻酔中の幻覚だと一笑に付されてしまう。頼みのモンクは、歯医者が苦手中の苦手、足を踏み入れることの出来ない恐怖の場所で、全く頼りにならない。最後は、皆の応援を得て事件は解決しました。さすがのモンクも歯医者は嫌いみたいでした。待合室や診療室でのモンクはかなり重度の恐怖症ですね。当院のリラックス外来を是非お勧めしたいです。

 米国の歯科医院の様子が、大変よくわかるドラマでした。あまり、歯科医の事件なのであまり深いコメントはさけたいですが。さて、このドラマでの麻酔というのは笑気鎮静法が行われておりました。確かに幻覚をみたりすることもあるみたいです。

当院のリラックス外来では、静脈鎮静法を行っております。笑気ではやはり院内を汚染したり、鎮静が不十分であるのを避けるためです。それに、環境にもやさしいですしね。リラックス外来は、インプラント外来同様個室にて行います。他の一般の診療は密室を避けるため開放感のあるオープンチェアにて診療を行っております。ただし、患者様の御希望にて個室での診療も承っております。
 
 
posted by: 医療法人清信会 | リラックス外来・痛み外来 | 21:39 | - | - | - |

リラックス歯科治療とは?

 「リラックス」という名称が「エステ」のイメージをもたれる方もいられるかと思いますが、歯科麻酔専門医が歯科麻酔技術を駆使して”痛くない”をコンセプトに歯科治療を行うことです。麻酔といっても様々ですが、当院では主として静脈精神鎮静法を利用して行っております。リラックスして眠っている間に治療を行います。インプラント治療のときなどにもおこなっております。
posted by: 医療法人清信会 | リラックス外来・痛み外来 | 22:59 | - | - | - |

歯痛、ストレスも原因?

虫歯や歯周病でもないのに歯痛を訴える人が増えています。神経や口のまわりの組織に問題がある場合やストレスなど原因は様々。虫歯治療と同様に抜歯などをしたあかりするとかえって悪くなることがございます。それら患者さんの7から8割が女性の方です。神経に何らかの原因で傷があると様々な刺激に対する感受性が高まり、食べ物が歯に少し触れたりするだけで激しい痛みを生じます心因性疼痛、神経因性疼痛、関連痛と分類されます。。これらには、歯軋りも引き金であったりします。米国、中国など留学経験のある豊富な臨床経験のある歯科医師が専任で治療にあたらせていただきます。
posted by: 医療法人清信会 | リラックス外来・痛み外来 | 22:59 | - | - | - |