スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

むし歯を放っておくと、リウマチや腎臓の病気になると聞きましたが、本当でしょうか?

むし歯を放っておくと必ずリウマチや腎臓病をひき起こ すというわけではありません。むし歯といってもこの場合、大きなむし歯で慢性の化膿性の炎症を起こしているようなものが問題になるわけですが、むし歯にかぎらず、このような慢性の病巣があるときに、この病巣とは直接関係のない離れた所に、何らかの形で一定の病気または異常の起こってくることがあり、これを病巣感染といっています。
 以前は、原病巣の細菌が血液を介して他の所に移り、病気を引き起こすという、ユニークな発想から、これが盛んにもてはやされたこともありましたが、近ごろは細菌が直接関係しているというよりは、むしろ原病巣に対するアレルギー反応などによるものが中心であると考えられています。また、実際にそのような二次的な病気が起こったとしても、それが病巣感染によるものかどうかという診断は、きわめて難しいものです。
  このように、むし歯が病巣感染を起こす可能性は、一応考えられていますが、病巣感染を起こしやすい体質というものがあり、すべての人が起こすわけではありません。ですから、やたら心配すべきものではないかもしれませんが、化膿している大きなむし歯が口の中にあるということは、身体にとって決して良いものとは考えられません。むし歯は早い時期に治すようにすべきですが、とくに大きなむし歯になってしまっているようなときには、早めに歯科医院を訪れ、しかるべき処置を受けるようにすべきでしょう。  

posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 06:07 | - | - | - |

<敬老の日>75歳以上が1321万人 初めて1割超す

総務省は14日、敬老の日に合わせて65歳以上の高齢者人口の推計値(15日現在)をまとめた。08年度に始まった「後期高齢者医療制度」の対象となる75歳以上の人口は、前年比53万人増の1321万人。総人口の10.3%を占め、現行の統計方式が始まった1950(昭和25)年以来初めて1割を超えた。

 70歳以上は2017万人(男820万人、女1197万人)とやはり初めて2000万人を超え、総人口の6人に1人が70歳以上となった。65歳以上の高齢者は前年比76万人増の2819万人(男1203万人、女1616万人)と22.1%を占め、いずれも過去最高だった。75歳以上を男女別にみると男性498万人、女性823万人。

 一方で14歳以下の人口は1718万人と70歳以上より少なく、少子高齢化の傾向は顕著となっている。総人口は前年比5万人減の1億2771万人。

posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 09:46 | - | - | - |

睡眠時無呼吸症候群とは?

 まだまだ、暑苦しい日々が続き、寝苦しいですね。さて、眠りを妨げるいびきについてお話いたします。歯科でも時に大切な事項です。
まず、やや専門的になりますが、言葉について説明いたします。
睡眠時無呼吸症候群とは?「いびきが大きく、いびきの途中で急に静かになる(息が 10秒以上止まる)
ことを1時間で5回以上繰り返し、昼間の異常な眠気がある病気」で、睡眠呼吸障害の1つです。


2.睡眠障害と睡眠呼吸障害について
1 睡眠障害とは?
睡眠障害は、眠れない(不眠)、眠り過ぎ(過眠)を症状とする病気で、80種類以上に分類されています(睡眠障害の国際分類)。1つの睡眠障害の治療をするには他の睡眠障害との区別(確定診断)をする必要があります。

2 睡眠呼吸障害とは?
眠っている間に呼吸が止まると、脳の中では、起きて息をするように指令が出ます。この状態が連続すると 自覚しないまま睡眠不足の状態 になります。 睡眠呼吸障害 は「呼吸が繰り返し中断する事により起こされた睡眠障害です」 。

posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 06:18 | - | - | - |

破傷風で口が開きにくくなるとは

夏休みを利用して、アウトドアを楽しまれる方も多いかと思います。先日、患者様で土いじりをされているときに、破傷風になられた方がおられました。当初、原因がわからず、大変だったそうです。
 破傷風は破傷風菌 Clostridium tetaniが原因です。
この破傷風菌の芽胞が創傷面から体内に侵入することによって感染します。
この芽胞は土壌に分布して、体内に傷口から入り、そこから細菌(グラム陰性桿菌)の形を取ります。
主症状の筋亢進は破傷風菌毒素(テタノスパスミン)が神経伝達のシナプスの所に作用して神経伝達物質の放出を阻害するからと言われています。
 破傷風の毒素はボツリヌス毒素に次ぎ、世界中で2番目に強い毒素で、その1gは体重60Kgの成人600万人分の致死量に相当します。
 破傷風患者は最近年間50人前後、人口240万人に1人くらいの小さい頻度である。
潜伏期は挫傷、創傷後3から21日です。
尚、人から人への感染はありません。

臨床症状
肩凝り、舌のもつれ、顔がゆがむ(この舌のもつれとか顔の歪みで耳鼻科に来ることもあります)開口障害、しだいにえんげ障害(飲み込むのができなくなる)発語発音障害(舌を動かすとか発声するための筋肉への侵襲)
ここまでは初発症状で来院することは耳鼻科でもありえます。
特に開口障害は痙攣がない初期なら、よく顎関節症と間違うことがあります。
その後筋肉痙攣が発生してやがて全身状態に発展します。ここでの鑑別は関節炎やヒステリーなどさまざまです。
Tetanusとは突っ張る、ピンと伸ばすという意味。体を弓のように反らし、全身の筋肉の痙攣を起こし、窒息して死亡する病気である。反復する痙攣のため、脊椎骨の圧迫骨折を起こすことがあります。
特徴的な横紋筋の硬直、鍵反射亢進、病的反射になるとかなりはっきりとしますし意識が清明です。

創傷したところから破傷風菌の分離が確定診断といえ、必ずしも分離されないことも多いので、まず問診でケガ(軽いものも含め。たとえば庭いじりでもありえます)では、確認が必要です。
治療法
まず創傷のデブリトマン(奇麗に洗う徹底した消毒)ことを徹底的に行った後早期に破傷風ヒト免疫グロブリンを投与。新生児500単位、 乳幼児200単位/キログラム
成人3000-5000単位を投与します。
 必要に応じてペニシリンG、テトラサイクリン投与、さらに全身痙攣の時には、抗痙攣剤を使用します。必要に応じて気管切開などを行います。

特にこの破傷風菌の場合同定は破傷風菌の創傷からの同定とさらに分離菌からの破傷風毒素検出ですが、病気の経過が速いにかかわらず、同定できないことも多く、傷をおった後疑われる例には治療を培養結果を待たずして治療開始することが多いです。

 また破傷風になる疑いがある場合は、あらかじめ破傷風トキソイドを犬に噛まれた後とか傷をおった後に打ちます。

 致死率は非常に高く、早期発見ならグロブリンの作用が効きますが、全身痙攣になると呼吸筋を初めとする、筋肉の運動阻害や全身痙攣などのため致死率も高くなり、集中管理が必須になります。

今は三種混合ワクチンで確実に、そして生涯免疫を得れますが、そのワクチン接種を
してない場合とか、生涯免疫以上に感染率が高い傷(犬に噛まれたとか土壌で擦傷したなど)の場合疑われる場合などもあります。


posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 06:15 | - | - | - |

日本人の寿命過去最高

日本人の寿命、過去最高=女性85.99歳、男性79.19歳−厚労省調査

 2007年の日本人の平均寿命は男性が79.19歳、女性が85.99歳で、ともに2年連続で前年を上回り、過去最高となったことが、厚生労働省が31日公表した「簡易生命表」で分かった。
 前年からの寿命の延びは男性が0.19歳、女性が0.18歳で、男女差は6.80歳に縮まった。厚労省は「治療成績向上で、がんなど三大死因の死亡率が改善したことが大きな要因。インフルエンザの大きな流行もなかった」としている。
 同省が集めた各国・地域の最新データと比較すると、女性は23年連続で世界一を維持。男性は06年の2位から3位に下がった。 (時事通信より)

歯の寿命よりも日本人の平均寿命のほうが、長いということは、生活のQOLのを高めることがより大切です。
posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 19:16 | - | - | - |

大河ドラマ「篤姫」徳川家定の死因とも言われた脚気とは?

さて、先日放送されました大河ドラマ「篤姫」で将軍家定(堺雅人)が薨去されました。以前、徳川家茂の死因についてふれましたが、今回は家定についてふれます。
家定の死因は、通説では持病の脚気が悪化したためとも、当時流行していたコレラによるものとも言われています。

さて、脚気は本症は多発神経炎、浮腫(むくみ)、心不全を三徴とします。
江戸時代の江戸では、富裕層に精米された白米を食べる習慣が普及し、将軍をはじめ富商など裕福な階層に患者が多かったそうです。江戸時代末期には一般庶民も発症し、江戸患いと呼ばれました。大正時代以降、ビタミンB1を含まない精米された白米が普及し、副食を十分に摂らなかったことで非常に多くの患者を出し、結核と並んで二大国民病とまで言われました。戦後国民の栄養状態の改善に伴い激減しました。
脚気が完全に根絶されたのは1952年になってからで、この年に武田薬品工業が高吸収率を誇るビタミンB1誘導体の工業生産に成功して販売開始し、安価かつ発病後もほぼ確実にビタミンB1の摂取が可能になってからです。ビタミンB1誘導体にはベンファチオミン、ジセチアミンなどもあります。
しかし、1975年ごろからジャンクフードの普及によって再発してきました。アルコール依存症患者にも多く、アルコール分解の際にビタミンB1が消費される事と、偏食が関与しています。最近は高齢化が進み、ビタミンB1を含まない高カロリー輸液での発症も問題となっています。

 栄養失調(脚気や壊血病など)の患者さんには大変重症な口内炎を認めることがありますが、そうでなくても偏った食事や不摂生等も十分口内炎の引き金となるのです。また舌の表面を覆う舌乳頭も、栄養素の欠乏などで新陳代謝が遅れると磨り減り剥げ落ちてしまうことがあります。そうすると粘膜がむき出しになり味覚がおかしくなったり刺激物でヒリヒリしたりといった症状が出てきます。これを舌に出来る口内炎と区別して舌炎といいます。
posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 00:01 | - | - | - |

高血圧の患者様へ

高血圧症の人が最も注意しなければならないのは、歯科治療時の痛みと緊張による血圧上昇、あるいはその後の急激な血圧下降です。血圧上昇により脳血管障害を引き起こしたり、血圧下降によりショックを起こしたりします。一般に高血圧症の人は、治療中の血圧変動が起こりやすいといわれています。
 内服薬などで血圧を正常範囲に下げることで高血圧のコントロールができている人は、歯科治療を行って差し支えありません。しかし、コントロールができていない人では、歯科治療時に危険な状態を招く可能性がありますので、治療を延期し、高血圧のコントロールを優先させる方が良いと思われます。
通常用いる局所麻酔薬には血圧上昇を促す血管収縮剤が添加されているため、血管収縮剤を含まない麻酔薬に変更したり、また治療時の痛み、刺激を少しでも和らげるよう、さまざまな工夫をするなどの努力をしております。
 いずれにしても、患者様御自身が現在の症状を十分に把握しておき、治療前の問診で、血圧や内服薬などを歯科医師に知らせておくことが大切です。。
posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 22:23 | - | - | - |

鉄欠乏貧血のお口の症状は?

 血液中の「赤血球」には、酸素と結合して酸素を全身に運ぶ「ヘモグロビン」が含まれています。「貧血」は、赤血球やヘモグロビンが減少し、血液中のヘモグロビンの濃度が低くなった状態です。「鉄欠乏性貧血」は、ヘモグロビンの主成分である鉄が不足し、ヘモグロビンが十分につくられず減少するために起こります。鉄は体内でつくれないので、食事から摂取する必要があります。通常、鉄は肝臓やひ臓などに「貯蔵鉄」として蓄えられ、出血などで一時的に赤血球が不足しても、貯蔵鉄から赤血球中のヘモグロビン合成用に鉄が供給されるため、貧血にはなりません。しかし、食事から摂取する量よりも失う量のほうが多い状態が長期間続き、貯蔵鉄が底をつくとヘモグロビンの合成が障害されて、ヘモグロビンの濃度が低下し、鉄欠乏性貧血となります。主な原因として「妊娠、授乳期などに起こる鉄の消費量の増加」「食事からの摂取不足」「胃の切除後の吸収障害」「胃や腸の潰瘍、がんなどによる慢性的な出血」があります。

 鉄欠乏性貧血は、「軽い動作でも動悸(どうき)や息切れが起こる」「すぐに疲れる」といった貧血全体で起こる症状に加え進行すると「塩辛いものが舌にしみる」「口内炎、特に口角炎がよくできる」「歯ぐきの色が白っぽい」「爪がもろくなり、反り返る」などの鉄欠乏性貧血特有の症状が現れます。
症状に気づかずに放置していると血液中の酸素が減り、心臓や脳に負担がかかって「心不全」を発症したり、心臓や脳に供給される酸素量も減って「狭心症」や「記憶力の低下」などが現れたりします。

             (多摩北部医療センター顧問 森眞由美先生 より)

posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 21:58 | - | - | - |

国民健康・栄養調査結果

厚生労働省は、2006年11月に実施しました、「国民健康・栄養調査結果の概要」を発表しました。
 それによりますと、国内の成人の糖尿病患者と予備軍の総人数は2006年時点で約1,870万人に上り、2002年の前回調査より250万人(15.4%)も増えたと推計されることがわかりました。
 男性が880万人、女性は990万人で5.6人に1人となる計算です。
 年代別の人口に占める割合は、70歳以上が34.8%と最多で、次いで60代の29.0%、50代23.0%、40代13.6%、30代4.1%、20代1.1%。
 また、食習慣の状況につきましては、朝食の欠食率は、男女共に20歳代で最も高く、男性30.6%、女性22.5%であり、30歳代以降は、年齢が高くなるに従い、低くなっていました。70代以上では男女共に約2%でした。
 夕食開始時間については、男女共に20〜60歳代において、午後9時以降に食べる者の割合が増加しており、特に、平成18年は男性の30歳代、40歳代においては、午後11時以降の者が7.0%以上でした。
 この調査は全国の約3,600世帯を無作為に抽出した4,296人の血液検査結果や調査票への回答を基に、成人全体の推計値を算出したものです。


posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 00:02 | - | - | - |

骨粗鬆症性骨折の危険のシグナルを診る

顎の骨の皮質骨全体にわたり内側の部分の高度な吸収が起き、皮質骨が薄くなっているのが認められます。(60歳女性)近年、社会的にも問題となっている骨粗鬆症については、多くの骨粗鬆症患者が無自覚のまま、骨折の危険のある状態で生活しているといわれています。
 閉経後の女性では、高度の骨粗鬆症患者ほど早期に歯が失われるとの報告があります。 最近、歯科用パノラマX線写真は、特に50歳以降の女性における骨粗鬆症性骨折の危険を知る手段として、有用であることが判ってきました。

 特に、以前もお話いたしましたが、ビスフォスフォネート製剤を服用されておられます患者様には歯科治療上留意しなければなりません。
続きを読む >>
posted by: 医療法人清信会 | 全身疾患 | 11:29 | - | - | - |