スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

2月のスポーツ歯科外来は、20日です。

 2月のスポーツ歯科外来は、20日です。
posted by: 医療法人清信会 | スポーツ歯科 | 14:48 | - | - | - |

10月のスポーツ歯科外来は、17日(土)、24日(土)です。

 10月のスポーツ歯科外来は、17日(土)、24日(土)です。
posted by: 医療法人清信会 | スポーツ歯科 | 18:00 | - | - | - |

マウスガード装着による運動能力の向上

マウスガードの装着により,身体運動能力の向上が期待できるとする考え方がありますが,向上が得られるか否かについては,個人差が大きいこと,運動の種類,またマウスガードに付与された噛み合わせにもよることから,現時点では未だ統一された見解は得られていません。しかし,スポーツパフォーマンスとの関係は大変興味深く,その効果が期待できる選手も見られる事から,これから多くの研究者によってその解明がされていくと思われます。
 マウスガードを装着する事により背筋力は上昇し,また奥歯が噛み合わさらないように調整したマウスガードでは歯の接触面積が少なくなるほど背筋力は下降しています。この他にも腕力,脚力,頸部の筋力,握力,身体重心動揺,敏捷性や反応速度などにも影響を与え,各種スポーツの競技力を向上すると言われています。しかし,噛み合わせを考えずに製作されたマウスガードでは,かえって競技力を低下させたり,そればかりでなくアゴの関節に機能障害を起こす恐れもありますので,必ず専門医のもとで適切な形態のマウスガードを調製していく必要があると考えています。

当院では、スポーツ歯科外来を土曜日午前受け付けております。
posted by: 医療法人清信会 | スポーツ歯科 | 21:34 | - | - | - |

マウスガードの歴史

マウスガードの歴史は意外に古く,世界最古のマウスガードは 1892 (明治 25 )年頃の英国製だそうです。ロンドンの開業歯科医だった故ウォルフ・クローゼ氏がプロボクシング選手の求めに応じて,ガッタパーチャ・ゴムを用いて手作りしてあげたのが最も古い記録です。米国では 1916 (大正 5 )年から作られるようになり,その後日本にも伝わりました。

日本でマウスガードが最初に作られたのは 1925 (大正 14 )年のことだったといいます。やはり歯科医師であった大久保信一氏がボクシング選手の歯型をとり,軟ゴム,ラバーベースあるいはシリコンゴムにてオーダーメイドしたという記録が残っています。

 近頃ではマウスガードというと,スポーツ用品店に売っている既製品のものとついつい思われがちですが,本来のマウスガードは歯医者さんが腕によりをかけて一つ一つ手作りしていたものなのです。
posted by: 医療法人清信会 | スポーツ歯科 | 07:43 | - | - | - |

マウスガードとは何ですか?

スポーツ中に起こる口の中の怪我を未然に防ぎ,大切なあなたの歯を守ってくれるプロテクター(防具)です。強い衝撃から歯を守るために高性能な衝撃吸収材でできています。以前はガムシールドとかマウスピースとも言われましたが,最近ではマウスガードという言葉が好んで使われています。皆さんもよく知っているヘルメットやヘッドギアが頭の怪我を予防するためにあるように,歯の怪我を予防するためにマウスガードがあるのです。

posted by: 医療法人清信会 | スポーツ歯科 | 07:59 | - | - | - |